バイク王帰らない-だから私はバイク王を選んだ!(コピー)(コピー)

MENU

査定スタッフの「帰らない」疑惑

査定スタッフの「帰らない」疑惑

 

インターネットでバイク王を検索すると、その査定スタッフへの悪評が乱舞しています。
査定スタッフによる同じ対応の仕方でも迷惑に感じる方がいる一方、何も思わないという方もいるはずです。
対面交渉のため、かなり人間的な感情論がベースにありそうなので、ネット記事への単純な評価は難しいかと思います。
好評もありますが、バイクを売りたいと考えている方々にとっては悪い情報が気になるはずなので、ここはひとつ「帰らない」悪評について考えてみましょう。

 

査定スタッフは社命で現地に赴き、出来れば安い価格で買い取るよう指示されているはずです
。当たり前です、プロですから。

 

逆に売り手の方は高額を期待しつつ査定スタッフを迎えます。
つまり最初から真逆のベクトルが交渉を始めるのですから、当然交渉はもつれ、感情論&ネットで悪評となりがちなのは自然なことかもしれません。

 

また、バイク王の査定スタッフの交渉が長引くのは、会社を背負ったプロの粘りがそうさせるからです。
ただし査定スタッフ自身にとっても業績が同じなら早く帰りたいでしょうから、売り手の方がどこまではっきりと「売る」「売らない」を伝えられるか、そこに掛かっていると思われます。

 

最近は訪問業者の規制も厳しくなっているようですが、そんな話持ち出したくないですよね。